日本ふんどし協会会長 中川ケイジの個人的なことだけ書くBLOG

(社)日本ふんどし協会 会長 中川ケイジの日々のつれづれ アジアで一番「いいね」がもらえない日記です。

【気付き】人との接し方について意識すべきこと

f:id:keiji511213:20180123100042p:plain

ある人の相談で、ある人をご紹介した。仕事につながる話なのでお互いにとって良い話なはずなんだけど、直接連絡したら冷たくあしらわれたとのこと。

メールの返信は遅く、仕方なしに電話したところ、マイナスな意味の思いもよらない対応でがっくり肩を落とされていた。

・忙しい

・その時たまたま電話に出れる状況ではなかった

・そもそも本件に乗り気でない

・虫の居所が悪い

、、、、など、誰かに対して不機嫌な態度をとってしまう理由はたくさんあるだろう。連絡した側に落ち度があったのかもしれない(今回はどうみても無いのだけど・・)。

それでもやっぱりこういう態度をとってしまうことは「損」だわ。自分にもたくさん思い当たる節があるし、これまで感情を表に出して相手を不快にさせてしまったこともあるからこそ、改めて「損」だと言い切れる。

仮に今回がダメになっても、次にまたあの人とお仕事したい!会いたい!って思ってもらえないと次には絶対繋がらない。「もう縁を切る」という強い意志を持っている場合以外は、自分の感情はともかく、相手を不快にさせない程度にコミュニケーションをとる方がいい。

今までの経験上、売れていてあちこちからひっきりなしに仕事の話が来ている芸能人さんのマネージャーさんにこういう方は多い。売り出し中&熱意のあるマネージャーさんは、どんな問い合わせにも真摯に対応してくれて、細かいところまで逆質問や提案も多い。

本件、流れたら流れたでいいけど、紹介者の僕にこういうラインがくるということで、あらためて人との接し方を学んだ一件でした。

(056/100)