日本ふんどし協会会長 中川ケイジの個人的なことだけ書くBLOG

(社)日本ふんどし協会 会長 中川ケイジの日々のつれづれ アジアで一番「いいね」がもらえない日記です。

【日記】ドア越しの泣き声に思うこと

3ヶ月の笑之介が泣いている。ママは福大郎の歯磨きや寝る前の準備で抱っこしてやれない。

3人でお風呂に入っていた。僕はインフルで隔離、部屋に閉じこもっているのでいつものように入浴後の赤ちゃんを受け取ってやったり、4歳の体を拭いてやることもできない。

1人で2人を育てるなんて無理。

1人が赤ちゃん、もう1人も4歳な2人を平日の夜に1人でみるなんてできない。

もし旦那の帰宅がいつも遅かったら

もし旦那が出張ばかりだったら

もし旦那が何のサポートもしなかったら

 

ママの体が破綻する。精神的にも破綻する。

よく仕事も大変というけれど、間違いなく赤ちゃんのいる育児の方が大変に決まってる。命に関わることだから。

 

昨夜からインフルが確定した今日丸一日、何もしてやれなかった。ドア越しの鳴き声に思う。

やっぱり夜は家にいて家族のことをしないと。

笑之介の泣き声、何かしでかしたのか一緒になく福大郎の泣き声。ドア越しに伝わるママの大変さと彼らの泣き声を忘れちゃいけないな。

たとえ仕事で成し遂げたいことがあっても、すべきことがあっても、やっぱり僕は家の時間を優先する。そう決めた。

(045/100)