満員電車と思考停止

 

f:id:keiji511213:20171120131456j:plain

今日乗った満員電車のイメージ (フリー写真素材ぱたくそ)

2ヶ月ぶりの東京。9時に上野に着いてから通勤電車に乗り換えるとやはり人が多い多い。通勤電車ってこんなに人が寿司詰めだったっけ、、。この行き帰りの生き地獄タイムってほんと無駄。効率を悪くするだけ。

会社員時代は毎日の通勤に疑うこともなかった。当たり前すぎて最寄りの渋谷駅は人が多いなんて気にもしなかった。ピシッとしたスーツが人の汗に触れてにシナっとすること、冬は寒いのに電車内ではコートを脱げなければ汗をかくとか、まあ当然だと。皆もそうだからと、時間調整はできるはずなのに、完全に思考停止状態だったわけだ。

だけど、こんなに不快で非効率な時間はない。地方暮らし、フリースタイルの一番いいところは、この通勤時間から解放されることじゃないか。不安定とかしんどいことや山ほどあれど、人はこんなに人でごった返す時間に「通勤せねばならない」から解放された瞬間に、思考回路が動きだす。ほんの小さなことから「〜ねばならない」「〜であるべき」を疑い、会社員であったって、一旦それを崩してみると、意外とやらなくてもいけちゃうことが分かる。もしくは通勤時間をずらして他の方法をとる相談をしてみるとか。

それにしても通勤時間も有効に活用できてる人、どれだけいるのか。皆スマホばかり。本を読めばいいというわけではないけれど、本を広げている人はほんと少なかった。たまにしかこない東京で、思考停止について考える、そして自分だって移動時間を有効に使わないと!と考えた電車時間でした。