深夜のミルク 60分1本勝負

ついに一人でオムツ&ミルクタイムがやってきた。時刻は24:30。オムツを替えて体重計に乗せる。抱きかかえながら母乳の入った哺乳瓶を温める。片手だと色々難しい。人肌に温まったミルクをお口に持って行くと飲む飲む。お腹減ってたんだ。飲み終わったら体重計→追加ミルクを飲ませて、ふと時計を見ると50分が過ぎた。ゲップが出なかったのが気になったけど、最後にオムツを替えて寝かせたらすんなり寝てくれた。ここまでで60分。いいじゃないか。次が3:30だからあと2時間はある。

と思っていたらそんなにうまくはいかない。ヒクッヒクッとしゃっくりが止まらない。スマホで調べたらゲップが出ていないことが原因のよう。再び抱っこして背中をさすってトントン。ゲップは出ないけどしゃっくりは止まった。

寝ない、、寝てくれない。

腕の中では寝たのにお布団に置いた瞬間に泣いてしまう。。ミルクが足りないのかな、オムツはもう何度も替えた。

ああでもないこうでもないと抱っこしては降ろして泣き、うろうろ部屋を歩き回って寝たところを降ろしては泣くの無限ループ。

結局、なぜか3歳の長男が起きてきておしっこを漏らすという謎のハプニングで大パニック。2時間仮眠をとるどころか3時過ぎまで格闘し、結局ママに助けられて、長男と寝た。

つらい初日となった。