退院初日の夜間ミルク担当という緊張

21:30のミルクのタイミングでママにレクチャー(体重計→ミルクの用意→あげ方→ゲップ→おくるみ、、など)を受ける。次回の24:30はとうとうというかいきなりというかパパが一人でミルクを担当する。不安だけどやるしかない。ママに少しでも休養してもらうためだ。

それにしても4年前に一度経験しているとはいえ、やり方全部忘れちゃってて恥ずかしい・・その点ママはすごい。産院でのレクチャーもあるかもしれないけど手慣れたもんだ。あやし方も「そうでちゅか、ちょっとお話ししたかったの〜うんうんわかったよ〜」とか優しく言ってあげててそれはもう愛で溢れてる。その点男親はダメだ。まだ生まれたての赤ちゃんが目の前にいるのに、自分に2人目の子供ができたことの実感が薄いんだから、、、。

「では後ほど」とママが寝室に行く手前で、「搾乳したお乳を飲ませてからミルクね」と1オプションが追加された。このオプションは1ステップではない。母乳を飲ませることで体重計に乗せて適量から飲んだ母乳を差し引いてミルクを作らなければならない。男性よ。知らないことだらけだよ。

そして落とし穴が。ミルクをあげ終わったら次は3時間後!少し休める!と思っていたら大間違い。ミルクをあげ始めてから3時間後とのこと。。。ということはミルクから寝かしつけにすでに90分使ったのであと90分後にもう次のミルクがやってくるじゃないか!おおおなんてことだ、少しだけでも仮眠しないと。。