時間制限が教えてくれたこと(今まで何やっとったんやの反省しかない)

f:id:keiji511213:20170905121212j:plain

(↑仕事してる風やけど実際にはそんなに集中して仕事できてないイメージ図)

産休宣言で仕事を午前中しかしないと決めた。保育園に送ってから9時前にスタバ着→12時まで稼働。実質の稼働時間は3時間しかないわけだ。3時間しかないと時間の制限があるから自分でも集中力がすごい。やるべきこと片付けなければならないことは変わらずあるし、とにかくタスク1つ1つが時間の締め切りに追われる。

・無駄なメールは返信しない

・無駄にSNSに時間を割かない

・タスクをあらかじめリストアップしておく

・タスク全てに優先順位をつける

など気をつけるポイントが。これ、デキる社会人なら当然なんだけど、ちょっとこの辺おろそかになってたなあ。。

優秀な人ってみんなこういう意識で仕事してるんだよね。。。今までだらだらと座って仕事しながらSNSを眺めたりニュースをだらだらザッピングしたりしちゃってた自分が情けない。ギュッと集中してたらそれはもう膨大な時間を圧縮できてたはず。起業から時間を経て「馴れ」とか「飽き」が生じてること、当初のように自分で仕事を作り出せてないこと原因。

そしてそれでも当然3時間ではできないことが多いので、新しいことやインプットの時間を増やすには、今度は早起きしかない。

だから残業してはいけない

よく「残業が多い企業ほど業績が悪い」のデータがあるけど、それは当然だな。前職が残業が当たり前で「先に帰りづらい」会社だったから実感としてあるけど、時間に制限がないからダラダラとPC見ながら仕事してますよ空気をだす必要があって。全くの無駄。損失でしかない。

勤務時間18時になったら一斉に電気を消す。カフェなどでも仕事をこっそり継続しない、はっきり時間制限をしてる会社や個人が優秀で成果をだすに決まってるね。