読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中川ケイジBLOG

(社)日本ふんどし協会会長、『SHAREFUN®(しゃれふん)』プロデューサー中川ケイジのBLOGです。仕事のこと育児のことなど諸々書いて行きます。

【水戸】自然を満喫できる水戸市植物公園はコスパ良すぎな件

勝手に茨城応援部(非公認) 僕はママメン(育児日記)

自宅から車で10分程度のところにある『水戸市植物公園』。保育園の遠足でよくお弁当を食べに行くとは聞いていたが、初めて行って衝撃を受けた。

なんて地味なんだ・・・

f:id:keiji511213:20170306172003j:plain

季節の関係もあると思うがハッキリ言って華やかさは無い。お客さんもいない。

f:id:keiji511213:20170306172009j:plain

水の音は激しく心地よい。

f:id:keiji511213:20170306172031j:plain

干支の鶏を描いているが、平面なのでよくわからない。でもこの感じ嫌いじゃない!

f:id:keiji511213:20170306172032j:plain

敷地が広い。これがほぼ独り占め!

f:id:keiji511213:20170306172038j:plain

f:id:keiji511213:20170306172046j:plain

f:id:keiji511213:20170306172053j:plain

熱帯空間を駆け上がってもそこには緑しかない。サボテンしかない。でも良い!

f:id:keiji511213:20170306172058j:plain

この気軽さはなんだろう。

f:id:keiji511213:20170306172107j:plain

餌(100円)で集まる茶色い鯉たち。親子の会話も弾む。

f:id:keiji511213:20170306172114j:plain

広い芝生。こんな贅沢な空間あるだろうか。

f:id:keiji511213:20170306172124p:plain

市の運営だからだろうか、テコ入れされてないサイトも好感度が高い。

水戸市植物公園 公式ホームページ

園内のスタッフの方もおじいさんおばあさんばかりで、挨拶すると必ずニコニコして返してくれる。皆で守っている空気感が心地よい理由なのかもしれない。

息子と自然の中を走り回ってヘトヘト。ジュースを飲んで休憩して、鯉に餌をあげたり2時間めいっぱい楽しんで、入場料はなんと300円。土日連続できてしまった。こんな素敵な公園が近所にあるなんて都心では考えられない。もっと早くきておけばよかった。しばらくは通い詰めることになると思う。春が楽しみだ。