【育児】保育園参観で息子の成長に感動する

半年に1回の保育園参観日。普段彼がどんな様子で、どんな「おしごと」をしているのか、とっても興味があったし実際に見てみたかったのだが、ついに見れるチャンスがきた。

保育園では何をするにも「おしごと」という。通わせてもらっている素晴らしい保育園には、絵本や積み木、たくさんの木のおもちゃや台所のセットがそろえられている。彼はお友達や先生と一緒に楽しくそれらのおしごとをこなしているのだろうか。

f:id:keiji511213:20160222103003j:plain

平日の15時。集まった総勢30名ほどの親達が教室にそろりと入ると、子供達が一斉に自分のママのところにやってくる。パパは僕ともう一人くらいだ。息子は一番遠くのロフトの上でお友達とおままごとをしていたみたいだが、パパに気付くとニコニコで手を振ってズリズリとロフトから降り小走りで抱きついてきた。

「パパきたの〜」

「そうだよきたよ。ふくちゃんのおしごと見に来たよ」

「そうなの〜」

息子はニコニコでパパの手を取ってあちこち案内してくれる。

 パパこれはこうやるんだよ。

 パパ一緒にごろんしよう。

 ふくちゃんパパちゅきなの。

一生懸命パパに教えてくれる2歳4ヶ月息子を見て「ああもうこんなに成長しているんだ」と感動。普段は見られない平日の彼の様子が分かったホッとした。こんなに素敵な保育園なら安心だと。

まだ登園時に寂しくて泣いちゃうこともあるし、その度に、親としても心が痛むこともあるけど、土日は親子3人で目一杯一緒に遊んで、平日も朝も夜も一緒にいられる時間はべったり一緒にいられれば、きっと大丈夫。

皆で一生懸命「おしごと」して、また今日も一緒にお風呂入ってねんねしようね。