読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中川ケイジBLOG

(社)日本ふんどし協会会長、『SHAREFUN®(しゃれふん)』プロデューサー中川ケイジのBLOGです。仕事のこと育児のことなど諸々書いて行きます。

【しゃれふんフレンズ vol.02】HI MOJIMOJI(ハイモジモジ)のお二人

SHAREFUN® Friends(しゃれふんフレンズ)とは・・・

中川ケイジとご縁を持って頂いたことがきっかけで『SHAREFUN®(しゃれふん)』を使用してくれた方に感想をお伺いするコーナーです。しゃれふんの快適さや楽しさ(FUN)をたくさんの方にシェア(SHARE)できればいいな。

Vol.02 HI MOJIMOJI(ハイモジモジ)のお二人

f:id:keiji511213:20151016113556j:plain

(ハイモジモジさんのプロフィール)夫婦ふたりのデザイン・ユニット。ライターの松岡厚志がプロデュースを、グラフィックデザイナーの松田綾子がデザインを担当しています。合言葉は、Kneepon from Nippon! 思わず膝をポンと打つ「ニーポン」なプロダクトを、ここ日本から発信しています。公式サイトは→ http://www.hi-mojimoji.com/index.html

ハイモジモジのお二人とは非常勤講師を務める御茶ノ水美術専門学校でご縁を頂きました。お二人も以前から講師をされているとのこと。リアルにビジネスを現在進行形でしているお二人の授業が受けられるなんて、なんていい学校なんだ!w

そんな雑貨やデザインのプロのお二人から『SHAREFUN®(しゃれふん)』のご感想を頂くのはちょっぴり勇気がいりますが、以下のような感想を送って下さいました。

Q:SHAREFUN®(しゃれふん)使ってみていかがでしたか??

〜ハイモジモジさんからのご感想〜

最初は半信半疑だったのですが、正直ちょっと驚きました。これまでいかに腰回りが締め付けられ、抑圧されていたかということに、たった一晩で気付かされたからです。

人って苦難の中にいると、そのことに疑問を挟まず(挟めず)に日々を過ごしがちです。でもいざ解放されてみると、実はその外側に自由があったのだと気付かされます。今回、「しゃれふん」のおかげで足かせを外してもらい、活力を与えてもらった気がします。というより、元々あったものを取り戻したのかも。

モノには

(1)進化するもの

(2)退化するもの

(3)いつの間にか消えてしまった(ように見える)もの

以上3つに分類できるかと思いますが、ふんどしは

(4)もう一度取り戻されるべきもの

だと信じます。しかも元来持ち合わせていた機能性にお洒落という価値がプラスされた、しゃれふん。これぞアンダーウェアの新定番ではないでしょうか。

安心してください、今日も履いてますよ。

→いやぁ逆にこちらがあらためて気付かされました。ハイモジモジのお二人、どうもありがとうございました!是非引き続き使って下さいね!

ちなみに、お二人から僕の息子にこんなに可愛いTシャツを頂きました!

f:id:keiji511213:20151016114745j:plain

f:id:keiji511213:20151016114750j:plain

ガアガ(白鳥)が大好きな息子は、渡した瞬間聞いたこともないような喜びの奇声をあげてました。早速着ています。 文具だけでなく様々なプロデュースをされているHI MOJIMOJI(ハイモジモジ)さん。どうもありがとうございました!

お二人の公式サイトはこちら!

http://www.hi-mojimoji.com/index.html

 

SHAREFUN®(しゃれふん)はこちら!(※11月サイト大幅リニューアル予定)

shop-sharefun.jp