『ビリギャル』坪田先生の講演で学んだこと。

目指すべき目標を何千歩も先に行かれている坪田先生に会いたい!

「どうしてもこの講演だけは行かせておくれ」と妻と息子をおいて『ビリギャル』の坪田先生の講演に行ってきました。『ビリギャル』を読んでいたことはもちろん、坪田先生のことは『情熱大陸』でも録画で何度も見ていたので、まさか水戸で聴けるなんてとてもラッキー。

f:id:keiji511213:20150824110648j:plain

もうね、僕の憧れというか、僕が目標としていることを全部達成されているのが坪田先生なんです。

著書が大ヒット→情熱大陸出演→映画化→映画も大ヒット→全国で講演、、、。

もちろん本業の学習塾が素晴らしいからこそなんだけど、まさに目指すべき成功事例のお手本みたいな方です。だからそんな先生が一体どういう講演をするのか。

話の進め方、話し方、エッセンス、笑いの取り方、、、などなど。それが生で学べると思えば6500円なんて高くない。

 

f:id:keiji511213:20150824110654j:plain

開演前の満席の会場

 

僕が学んだことはぎゅっとすると3つ+α

「誰でも成績を急上昇させる3つの恋愛型受験テクニック」と題された講演だったので、受験生のお子さんをもつお母さんがとても多かったんだけど、いやいや、経営者にとってもとても学びの多い内容。

特に僕がずどん!と腑に落ちたことは

①市場分析の大切さ(やりたいこと<世の中が求めていること)

②戦略を練る(いかに戦わずして・・・)

③基準を作る(特にジェネレーションギャップの理解)

でした。詳しい内容は是非先生の講演を生で聴いて欲しいのだけど、①②③って分かってるつもりで実は曖昧にしがちなことだと。仕事においても特に職場においてもスタッフのやる気を引き出すとか、共通の基準を数字で決めておくとか、とても大事だなと。

今、僕自身もインターンの子達との関わりの中で①②をどう伝えて、③をどう作っていくかについて考え直すきっかけになった。最初に時間をかけてでも基準を決めておくことが後々、簡略化できると。

さすが坪田先生、話の面白さの中に重要なエッセンスがたくさん詰まってました。

 

+αが嬉しい。できる人はここが違う!

講演の最後にご挨拶だけでもさせて頂けるかと思ったら、一切NGとホテルの人に止められてしまった。仕方ないので、持参した自分の著書と「SHAREFUN®(しゃれふん)」をホテルのスタッフの方に託して泣く泣く退散。

坪田先生となんとかご挨拶だけでも!と思っていたので少し拍子抜けで残念でしたが、あとでTwitterを見るとなんと・・・

 

f:id:keiji511213:20150824132024p:plain

 

 ご本人が(帰りの新幹線で)読んでくれてた!早い!

このすぐにTweetして下さるスピード感に感動!

できる人はココが違うんだよなぁ。僕なんて色々と後回しにしちゃう方なので、このことこそ自分事として取り入れるべき習慣。

とても学びの多い坪田先生の講演でした。

 

 まだの方は是非↓

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話[文庫特別版] (角川文庫)

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話[文庫特別版] (角川文庫)

 

 

まだの方は是非!w 自著です!(主演は星野源さんで)映画化希望!!!!!!!

人生はふんどし1枚で変えられる

人生はふんどし1枚で変えられる