読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中川ケイジBLOG

(社)日本ふんどし協会会長、『SHAREFUN®(しゃれふん)』プロデューサー中川ケイジのBLOGです。仕事のこと育児のことなど諸々書いて行きます。

【@水戸】鯉淵学園農業栄養専門学校が運営する『農の詩』の野菜が素晴らしく美味しくて参った!

公益財団法人 農民教育協会 鯉淵学園農業専門学校が運営する野菜の直売所がアツい!

という噂は移住したばかりの頃から妻から聞いていましたが、ついに今日行くことができました。(それにしても学校の名前が長い。農民教育協会って何だ??)

f:id:keiji511213:20150510222559j:plain

広大な農地の中にぽつんとある直売所。お昼前には人でいっぱい。

f:id:keiji511213:20150510222615j:plain

農薬を使ってない(もしくは極端に少ない?)野菜は見た目もつやつやぷりぷりで美味しそう。何より手書きのPOPがいい味を出してます。学生さんが作ってるのかな。

f:id:keiji511213:20150510222619j:plain

イボがないキュウリとか初めて見たよ。水水しい!&安い!

f:id:keiji511213:20150510222629j:plain

定番ですが生産者の顔が見えるのが安心感につながります。

f:id:keiji511213:20150510222640j:plain

そしてお野菜の買い物ももちろんだけど、お目当ては新鮮野菜たっぷりのバイキングランチ。

f:id:keiji511213:20150510222651j:plain

とれたて野菜のサラダはもちろん、焼きたてピザや特製のカレーもハズレ無し。特におすすめなのが「トマトスープ」!(写真は撮り忘れました・・・)

f:id:keiji511213:20150510222717j:plain

食後は併設された動物小屋へ。脱走に成功した子やぎが自由に草を食べまくる(この後飼育員の方に連れ戻されました)

f:id:keiji511213:20150510222727j:plain

息子も初めてのヤギに興奮トランス状態(言ってみたかっただけ)。

f:id:keiji511213:20150510222731j:plain

アヒルやウサギもいて、メエメエ、ガアガアと動物感満載!

f:id:keiji511213:20150510222730j:plain

最初は小屋に近づくことを怖がっていた息子もかじりついてアヒルを見てました。

 

水戸は野菜の道の駅やJAなどの野菜直売所は結構あるのでよく利用しているのですが、ここの野菜は特にプリプリ感というか新鮮度がとても良いです。学生さんが一生懸命作っているのかなとか想像したり応援したくなりました。かなりの頻度で通うことになると思います。鯉淵学園農業栄養専門学校の皆さん、これからもよろしくお願いします。

www.koibuchi.ac.jp

 

(今日の気付き)学生のうちに「商売を体験させる」意味はとても大きい。

今日は日曜日だったので、学生っぽい子はレジの男の子くらいだったけど、平日はどうなのかな。単に野菜を作ること、料理や栄養について学ぶだけではなく、実際にお客さんと接してみて生の声を聞くなり、1円でもお金を払ってもらう経験をしているというのは、これからどういった商売をするにせよとても重要なことと思う。

実際にビジネスをやったことがない先生が教える経営学とか、大学を出てそのまま教職員になった先生が語る社会とかってリアリティが無いもんね。教科書だけで本当の意味で学べないし、ましてや自分の作った生産物が実際にお客さんにどう届くか、響くかをリアルに見れる、商売できる環境って素晴らしいし、これこそが学びだと思う。こういう経験ができる学校であれば、たとえ卒業後に農業や栄養学とは全く違う職種についても、この経験は活きる。いいなあ。こんな学校。